137に関して!

  • 2015.09.17 Thursday
  • 18:25
kin137: 赤い共振の地球」と「kin77:赤い水晶の地球」は同じお告げで共に導く力に(2ドット)のしるしを持っている。 
kin137: 赤い共振の地球」と「kin77:赤い水晶の地球」の神秘キンは「kin124:黄色い共振の種」とkin184:黄色い月の種」。

『137――物理学者パウリの錬金術・数被術・ユング心理学をめぐる生涯』
―微細構造は,言ってみれば各波長の光の特徴を表す指紋やDNAのようなものなのだ。 その微細構造を決定しているのが137という数だったので,ゾンマーフェルトはこれを「 微細構造定数」と呼んだ−P13−


「kin137:7地球」 アー・ヴク・ティ・カブは、至高神の指令を生物圏、その他の領域へともたらす仲介者、地球の核の共振力のクロノグラフ的な「守り手」地球の中心的な神秘的な主。
 

チラム・バラムの書 「月の誕生」
【「7・カバン」の日、われわれには蜜がなかったので、それは最初の蜜をつくった】
ル・クレジオ原訳の新潮社刊〔チラム・バラムの預言〕

【「7・クカバン」のなかで、昔なにもなかったところに地球が生まれた】
 アイリーン・ニコルソン著〔マヤ・アステカの神話〕

二つの原文は同じ。
マヤ語で「カバン」は蜜、開花のエッセンス、そして大地「地球の力」。
7・カバンとは、古代マヤのツォルキンで、ドリームスペルツオルキン137番目「kin137:7地球」に相当。
137は開花するエッセンス。
 

天王星が太陽のまわりを一回転する84年のあいだに、金星は137回公転する。
光の速度は、電子より137倍速い。
金星=光  天王星=電子
 
何故!神武天皇は137歳まで生きたという伝説が残っているのか。
日本の童謡や禅の公案の一節に含まれる深い神秘のひとつに。
「お月さまいくつ、13、7つ」
私が「ひふみ神示」に出会った日は、kin137:
日本の歴史の137年周期の節目

■今日の[kin167:11手]はウルフガング・パウリの誕生キン(宇宙の誕生日)。
ウルフガング・パウリ
彼の病室の番号は 137 だった。彼は生涯を通じて、微細構造定数 が 1/137 に近い値を持つのは何故か、という疑問を考え続けていた。1958年12月15日 (4猿)、パウリはこの病室で没した。
物理学界でのパウリに関する有名なジョークとして次のようなものがある。「パウリは死後、天国で神への拝謁を許される機会を得た。パウリは神に、なぜ微細構造定数は 1/137.036... という値をとるのかと尋ねた。神はうなずいて黒板に向かい、すさまじい勢いで数式を書き殴り始めた。パウリは非常に満足げに神の様子を眺めていたが、しばらくして突然頭を激しく振り始めた…。」

137の本に、神戸三宮ジュンク堂で出会った日
10惑星の月10日[kin10:10惑星の犬] 
13の月の暦の毎月10日 =第7の先覚者パカル・ヴォタン成就の日。  
10惑星の月10日の、サイ時間単位は[kin190:8犬]、パカル・ヴォタンのドリームスペルの誕生の日(銀河の著名)。
神戸三宮ジュンク堂にて、この本の置いてある本棚の前に立った時、友人が、下3桁137の電話番号の人と、交通事故を起こし、43番のパトカーに、世話になったというメールが入る!
 
43は14番目の素数
ドリームスペルの私の誕生キンは[kin43:4夜]。
137の本、43ページに挟んでいた写真の撮影日を調べるとkin43の日。 
六甲有料道路を神戸側に抜けると137mの橋、次は43mの橋、鶴甲団地33前。
33は、イニシエーション、すなわち、始動、伝授を意味する数字。
http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=3
137と43がセットになるシンクロは数多くあります、43は古代エジプトファラオが宇宙叡智にアクセスするのにお使った数と、聞きました。

[kin43:4夜]の父に最後に会った日は、[kin137:7地球]。
父の命日は、ウルフガングパウリの誕生キン[kin167:11手]。

  

スポンサーサイト

  • 2019.05.08 Wednesday
  • 18:25
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする