スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    太陽脈動コード15 青い鷲

    • 2015.09.04 Friday
    • 19:05


    時間の力学の260の基礎条件
    http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231  =7×33


    15.1.自己発生的なレディオソニック建築による惑星芸術胞子の安定化は、一連の太陽軌道のその他の惑星(ヘリオコズム)への電磁流動管システムにより、レディオソニック建築工学の拡張を可能にする。

    15.2.拡張されたレディオソニック建築工学は、天空調波の段階的な指標を表わす。天空調波の段階的な指標は、時間ベクトル・ポテンシャルの普遍的な事象を引き起こす。それは、太陽(恒星)と惑星の脈動の調整により受信され、発信される潜在意識のフィードバックの増大を刺激する人類のバイオマス(生物量)に‘より等しい割合で普遍的に広かっている。

    15.3.太陽(恒星)と惑星の脈動の調整は、レディオソニック建築の劇場の中で高次の類似生命機能の生気化を生じる。高次の類似生命機能とは、後有機・潜在意識エネルギーとその情報パターンを、個別の超有機・超意識のプログラムヘとステップダウンすることを表わす。

    15.4.新しい潜在意識プログラムにより、相互交換と転移における実験がはじまる。最初は惑星レベルで、それから惑星間、太陽/恒星、銀河レベルヘと、銀河普遍生命の時間旅行の拡大位相を開始する。相互交換と転移は、魂のアイデンティティがホロンから集合的なレディオソニック・マスヘと溶け込む霊的な進化の新しいレベルを表わす。

    15.5.集合的なレディオソニック・マスにより、銀河の普遍的な時間旅行の目的は、潜在意識の事象を、惑星と太陽の脈動に対して方向づけられたフィードバック効果として増大させることになる。潜在的な(※訳注:「潜在意識の」の意。以下同)フィードバックは、後有機の「未来」なので、これまでにないさらに最適な「未来」の状況は、惑星芸術胞子の進化においてますます重要な役割を果たす。

    15.6.銀河の時間旅行への発射(lift-off)遺伝的な共時性秩序の調和的な再配列を実現する兆しとなる。それが意味することは、13:20のコードがいまや意識的かつ生得的で進化的に自己発生する人類のバイオマスのプログラムの一部になるということである。人類のバイオマスはどんな外部的な状況であれ自律的に自己調節し、惑星芸術胞子のレディオソニック建築の中でみずからを織り込み、外部的な支持物、たとえばテクノロジー、衣服、あるいは学習教材などの必要から解放される。

    15.7.集合的なレディオソニック・ホロン・マスは、遺伝秩序の調和的な再配列の果実であり、ドリームスペルのオラクルボード(お告げ盤)上で表示される第5の力の投影プログラムにより作動する。これらのプログラムは通常、中心皮質のプログラム機能として組み込まれる。

    15.8.天空調波の段階的な指標に応じた銀河の普遍的な時間旅行の到来は、惑星、太陽/恒星の意識を完全に銀河意識へと変容する。多重的な意識により投影された高次の類似機能の生命は、多重的なアイデンティティの交換を強化する。放射多様性が、集合的なレディオソニック・マスの質と効力を増大させる。

    15.9.集合的なレディオソニック・マスの調整された知性は、後有機・潜在意識の機能における調査研究や探索を増大させる。高次の類似生命機能は、これまで未知で知覚不可能だった高次元の実体の生気に似た形の特徴を持つ、高次のエネルギー処理の挿話(エピソード)としていまや体験される。

    15.10.潜在的な後有機の「会話」は、第5の力の色彩の源泉、純粋に五次元的な宇宙の電子倍音の集合として実現される。第5の力の色彩のフィードバックの性質は、より洗練されたレベルの投影幾何学を引き起こしそれが同様にさらに高次の、より洗練されたレベルの天空調波をフィードバックするものとなる。

    15.11.生命は未来からくるという広まりつつある理解を伴い、進化した惑星芸術胞子の超意識の銀河文明は、いまや高度に拡張されたレディオソニック建築により、魂のボートの冒険に乗り出す。集合的なレディオソニック・マスの超意識と潜在意識のあいだを往復し、移動・巡航する魂のボートの冒険の目的は、潜在意識・後有機の機能を、惑星芸術胞子の自己制御的な器官の中に植え付けることにある。

    15.12.潜在的な後有機フィードバックの自己|制御は、銀河脳の進化的な学習ループを完了させ、いまや恒星/惑星時間座標の脈動として完全に登録される。

    15.13.自己制御された惑星/恒星の、惑星と恒星の脈動に対するフィードバック効果としての潜在意識の事象の増大は、電子一分子的な規範としての自己発光的な特性を確立する。三次元の原子構造を、四次元のスペクトル的な無重量にする変容か完了する。
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 19:05
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする