太陽脈動コード14 白い魔法使い

  • 2015.09.03 Thursday
  • 19:09

時間の力学の260の基礎条件
http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231

14.1.AD2013年は、ヘリオコズムの惑星間流動管一時間トンネルを開くために必要な訓練すべての完了をしるす同期ポイントである。テレパシー的な継続意識は標準化され、超意識の秩序の共通機能を可能にする。

14.2.惑星間流動管システムの同期、AD2013年は、「太陽意識」の到来、全ヘリオコズムの中の地球的な惑星芸術胞子の超意識・超有機進化の安定化をしるす。

14.3.この周期、AD2000〜2013年のあいだに、三つのレベルの事衆が同時に開示され、同期をとるようになる。ヘリオコズムの流動管システムと共時性秩序の調和的な再配列の活性化、テレパシー的な時間旅行を「停泊する」レディオソニック建築の形の並行的な開発、そして太陽周波数の脈動とサイバンクの同期のとれた調整(AC回路の完了)である。

14.4. AD2000年から2013年にかけての活動プロセスの総計は、惑星と恒星の脈動の励起の共生
を示す。惑星の脈動の励起は、生物圏から精神圏への移行として体験される、惑星サイバンクがその
姿を現わすことは、実際には恒星の励起の機能である。

14.5恒星の励起は、そのヘリオコズムの意識が超意識や潜在意識へと進展した、その他の恒星マスの高次の類似機能の生命の登録である。恒星の励起は、銀河の同期−銀河の第5の力の倍音の潜在意識のフィードバックが、頂点に達した励起の最高潮のあいだの新しい高原状態において普遍生命を安定化させる一一の瞬間に頂点に達する。恒星の高原状態は、惑星系と恒星系のさまざまな進化的な新時代を定義する。

14.6精神生代の高原状態は、恒星領域外から発信された放射子の増大を加速する。惑星芸術胞子のレディオソニック建築と惑星間流動管の活性化により変換され、それを超越した恒星領域外の放射子の増大は、三次元の発光(スペクトル化)の増大を生じさせ、そして同様に放射状母体秩序の超意識の実現を早める。

14.7.惑星芸術胞子の社会的かつ精神圏的に相互活性化した構造は、超有機感覚機能の太陽化により、PANの進化的な可能性を示す。太陽の脈動周波数と調整された意識の全感覚機能は、太陽(恒星)放射状座標に対しての平行類似(parallel analogs)として機能する超意識を確立する

14.8.超有機感覚機能の放射状太陽化は、生命精神の進化的な変化を構成している。そこでは、いまや植物の光合成の高次の類似形が一種の多重感覚光合成として生じており、感覚器官がレディオソニック的に高度に拡張されている。感覚器官のレディオソニック的な高度の拡張は、さまざまな感覚機能に対応した心的電子、心的電子・中性子そして心的光子たとえば聴覚的な心的電子など一一の集合体の自然発生的な創造を生じる。
.
14.9.レディオソニック建築は、技術圏の時代の機械のように、生物発生的に引き起こされる現象で、増加と繁殖というホスト有機体の生物特性を引き受ける。T(E)=Artによって制御されるレディオソニック建築は、高次の類似機能の太陽調整脈動として現象世界を放射状化する。

14.10.太陽の脈動を放射状化することにより、レディオソニック建築は、準独立的な進化現象となり、その第5の力の構造色彩放射子が自己発生する。七つの根源電子プラズマとして、レディオソニック的に発生した放射子は、惑星芸術胞子の住人の第一占有物へと拡大される超有機体験により、レディオソニック建築の維持方法を変容する。

14.11.高次の類似機能の生命(※下記訳注参照)の類似機能を登録する、レディオソニック建築の自己進化的な惑星ネットワークは、「魂のボート」の発達により強化される。魂のボートとは、レディオソニック的に作られた四次元の分身の運搬具で、それが分身の活動を現代の生物的な生涯をはるかに越えたところにまで拡張する。人類それ自体が、その三次元の身体が一種の初歩的な庭園文化に根をはる魔法使いの人々という民に進化し、深い瞑想やトランス活動の形か、投影された分身を普遍生命の銀河秩序へとさらに大きく拡張することが可能になる。

14.12.超意識・超有機の生活様式により、太陽意識の機能は、生物圏の外観を変容する。レディオソニック的に絡み合った水晶、植物、動物、そして超人間の機能は、心的な電子、中性子、光子の新しい組み合わせにより、新しく輝く放射状化した形に結び合わされる。

太陽コード14.[魔法使い] 銀河の音程13
14.13.完全に進化した惑星芸術胞子へとPANを織りなすレディオソニック建築の超有機存在は、銀河文化の調査・研究のための拡張されたフォーラムとして「銀河普遍生命相互訪問プログラム」を確立する。それ自体が惑星芸術胞子のはっきりした本質を構成する、自己発生的なレディオソニック建築の増大する複合秩序は、銀河脳の中のその他の知性を引きつける特徴を持つようになる。

 

スポンサーサイト

  • 2018.08.31 Friday
  • 19:09
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする