太陽脈動コード13 赤い空歩く者

  • 2015.09.03 Thursday
  • 05:46


時間の力学の260の基礎条件
http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231



13.1.時間統制の中で、あらゆるものは、いまに聞かれた自然感覚からやってくる。優れた知性は、いま以外のどこにも存在することはない。いまとは、三次元の実体とその四次元ホロンの分身あるいは変性人格が統一される共時性体験である。

13.2.全身(whole body)の時間輸送は、いまを通して継続意識と超意識へと拡張する能力である。これは、通常「自己」と呼ばれる三次元の内的な身体感覚を組み込む変性的な四次元の人格の鮮明さと完全性に比例する質を持つ、まったくのホログラフィー的な投影により達成される。

13.3創造的な感覚レポーテーションを越えた、全身の時間輸送は、三次元の実体が「転移」あるいは同時に二つの場所で調整されて機能する能力である。これは、変性的な四次元の人格と、「自己」という三次元の内的な身体感覚を組み込む能力の開発によってのみ可能である。

13.4.「転移」、すなわち同時に二つの場所で調整されて機能することを含む、全身の時間輸送は、AD2013年の準備のための時間旅行と惑星間の天空調波を確立するために不可欠である。

13. 5. ひとたび、三次元の実体か個人ベースで水晶放射殺影一幾何学形態の乗り物により、全身の時間輸送をうまく実践すれば惑星間の流動管システムあるいは時間トンネルの集合的な全身時間輸送の探索を実践する他の人々とともにそれに参加できる。

13.6.太陽神経叢は、変性的なホロンの人格の「転移」のために、三次元体との往復をする際の出発位置をもたらす。転移は、「位相シフト」、すなわち変性人格の活動か目覚めた夢あるいはテレパシー的な腹話術の形で、ホスト有機体によって知覚される継続意識の分岐として内的に体験される。

13. 7. 他の変性意識と力を合わせた変性意識は、心的電子や心的電子・中性子(心のヘプタゴノン/根源立方体部分子の創造により開発される)の投影に関与する流動管に入り込む。流動管システムの電磁場の中で焦点化した心的電子・中性子のパターンの相互作用は、時間旅行のテレパシー的な「乗組員」のための輸送手段をもたらす彼動パターンを設定する。

13.8.変性人格の集合体が相互場を維持する能力は、それぞれ互いの関係におけるホスト体(hostbodies)の落ち着きに比例する。

13.9.変性人格の集合体の活動は、時間旅行のゴールについてのホスト体の集合的な合意によって決定される。

13.10.惑星間の探索の性質は、惑星のそれぞれ互いの軌道周波数に反映されている恒星調波パターンの可変性によって必要とされる、共特性秩序の高次レベルの再配列の実現に依存している。

13.11.テレパシー的な時間輸送の乗り物の幾何学の中にある変性人格の四次元的な心的電子形態はヽそれ自体の軌道周波数の対象調節(object adjustments)を持つ。これらの軌道調節を行なう試みの結集が、これまで未知だった銀河形成ブロセスによる生命の植え付けという惑星間進化の一連の挿話(エピソード)として体験される。

13.12.ローカルなヘリオコズムの惑星間場の共時牲秩序を調節する変性人格の体験パターンは、ホスト惑星での三次元の調節に反映される。これらホスト惑星での調節は、AC回路のパターン化の開示が完了することに等しい。AC回路の半分(16コドン)は、歴史周期の前に完了し、残りの半分(16)は、CAが「文明の進展(Civilzational advance)」から「宇宙の気づき(Cosmic Awareness)」AD2000年、極をとりまく虹の橋の噴出)したあとにのみ完了する。

13.13.転移能力による霊的な実現が、精神生代の超意識とレディオソニック建築の二重形態の発達へと開かれる。レディオソニック建築のひとつの形は、時間輸送の乗り物の配置により開発される。時間旅行の乗り物を「停泊させる」類似した、もしくはそれを補うもうひとつの形は、進化する惑星芸術胞子のシンブルで高度な定住文化の社会的・生物圏的な母体の中から創り出される。
 

スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 05:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする