太陽脈動コード12 黄色い人

  • 2015.09.02 Wednesday
  • 05:37

時間の力学の260の基礎条件
http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231

 

12.1.時間旅行の目的は、超有機・超意識への進化に伴う霊的な体験の種類や質を拡大し、加速することである。時間旅行の体験の質は、その有益な活用性に直接、比例する。

12・2。テレパシー・テクノロジーと時間旅行の主要な活用法は、次の目的を持つ:個人的な磁気と活力の回復、有機廃棄物の除去を含む非平衝の集合的社会的なパターンの修正、極をとりまく輪の創造、惑星間流動間システムの回復、超意識、潜在意識の高次元(銀河普遍生命)の霊的な機能の探索。

12.3.時間輸送の乗り物は、個人の、歴史の(生物地球科学的な変換も含む)、惑星間の、銀河のといったさまざまな天空調波の機能に対応する。時間旅行のための乗り物は、この調整された順番においてのみ確立されうる。

12.4.すべての時間輸送の乗り物は、水晶あるいは花の構造を活用する心的に投影された放射幾何体の構築物であり、時間ベクトルポテンシャルの集合に応じて調整される。当初、すべての時間旅行は、時間ベクトルポテンシャルの天空調波座標を使った、一種の焦点化した想像的な探索―感覚テレポーションーとして起きる。

12・5水晶放射幾何学の乗り物は、双晶型(a ouble termiated type)の投影された構築物で、通常は個人の旅行や探索のために使われる。ホロンの分身の集合点構造は、それをもとに乗り物を構築する、骨組みあるいは骨格として使われる。

12. 6. 輸送の乗り物の構築は、完全にホログラフィー的な視覚化のプロセスにより行なわれ、その形の六角形的な容積(te hexagonal volume of the fom)の中にみずからを組み込む心的エネルギーで、時間ベクトル・ポテンシャルの出発点が水晶の先端(termination point)のひとつを定義し、時間における目標点がもうひとつの水晶の先端を定義する。水晶のテレパシー的な推進力は、まったくの心的な明晰さに比例する。

12.7.花の放射幾何学の乗り物は、螺旋の薔薇(5枚の花弁)の投影された構築物であり、より複雑な集合的探索のために使われる。この輸送の乗り物の視覚化は、完全にホログラフィー的で、すなわち放射状の花の構造(the radiar flral structure)5枚の花弁によって調整される5つのベクトル点のポテンシャルの中にみずからを組み込む心的エネルギーで、出発点は雄しべによって定義され、目標点は茎と模のシステムによって定義される。花の放射投影は、人々の集合的でテレパシー的な意図を活用でくるが、それはまったくの心的な明晰さの条件に依存している。

12.8.乗り物の二つの主要なタイプは、放射幾何学のさらに複雑な形を含む種類と構造の面で増大しうる。シンプルな双晶型の水晶あるいは花の薔薇タイプのどちらであろうと、テレパシー的な輸送の力学は、その輸送形態を維持する三次元体の脊髄軸と、ホロンの分身の中心調整軸の完全な同一化によって維持される。

12.9.個人的な時間輸送の乗り物は、親戚、友人、重要な出来事の日付などを含む、個人的な歴史におけるその他の日付の可衝挫の集合と調整される誕生の日付(銀河の署名)の基礎時間ベクトル・ポテンシャルを使い構築される。個人的な輸送の乗り物は、四次元の人格によって操作される双晶水晶タイプのそれである。実験は、生物圏から精神圏への移行の意識的な位相、AD1996年〜2000年のあいだに可能である。

12.10.歴史的な、そして生物地球化学的な変換の輸送の乗り物は、双晶水晶あるいは5つの花弁の花のタイプのどちらかである。感覚テレポーテーションを越えた生物地球化学的な変換の訓練は、原子・分子構造の規模や幾何学と比例した、テレパシー的な規模の縮小の実践を含む。実験は、生物圏から精神圏への移行、AD1996年〜2000年のあいだに可能である。

12. 11.惑星間の輸送の乗り物は、水晶と花のデザイン・タイプの複合的な結合であり、旅行の通路として回復される電磁流動管を活用する、拡大した時間スケールにおける時間ベクトル・ポテンシャルに応じて構築される。実験は、時同船地球2013の最初の航行位相、AD2000−2013年のあいだに行なわれる。

12.12.銀河普遍生命の輸送の乗り物は、多重中心軸を持つ高度なタイプの、進化する統合された結晶質の花の投影構造を表わす。実験は、唯一、AD2013年以降に可能である。

12.13.時間輸送の乗り物を出航させ、航行することは、ドリームスペルのジャーニーボード(旅程盤)と、テレクトノンのプレイングポードによって地図を描く機能である。そこで時間における体(旅行をはじめる主体)の中で組織された、時間ベクトル・ポテンシャルは、天空調波の幾何学と調整される。ドリームスペルのオラクルボード(お告げ盤)は、潜在意識の「実体」との接触を準備するために、強化された第5の力の時間ベクトル・ポテンシャルの「束」あるいは「魂のボード」を確立するために使われる。
 

スポンサーサイト

  • 2018.08.31 Friday
  • 05:37
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする