太陽脈動コード10 白い犬

  • 2015.08.30 Sunday
  • 21:22


時間の力学の260の基礎条件
http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231


10. 1. 共時性秩序の調和的な再配列とは、核や有毒廃棄物から戦争、暴力、そして社会的、個人的な無秩序までの12 :60の人工的な時間の退廃と機能不全の領域を修正ないしは改革するプロセスのことである。

10.2.原子・細胞レベルの退廃(corruption/腐敗、悪化)は、ACの回路の改革と、形の結晶秩序の回復を表している。社会生活の退廃と改革は、CA回路の改革と、有機遺伝秩序の回復を表す。

10. 3. すべての無秩序と退廃は、一元的な生物地球化学的なプロセスの機能不全である。共時性秩序の調和的な再配列は、T(E)=Artの特別な応用であり、そこで感覚テレポーテーションが生物地球化学的な変換として応用され、その結果、生体恒常性の全体系的な回復が生じる。

10. 4. 生物地球化学的な変換による共時性秩序の調和的な再配列は、時間パルサーのウェイプスペル幾何学か意識的に原子や分子のスピンを反転させるために活用される、感覚テレポーテーション訓練の特殊事例である。時間ベクトル・ポテンシャルは、サイバンクの中で調整され、生物地球化学的にテレパシー場の中に位置づけられる。集合的な感覚テレポーテーションのテクニックを活用することで、特定の退廃は、非存在のポテンシャルもしくは大気の発光として解放される、そのもともとの状態へと「溶解されて」戻る。

10.5.四次元スピンは、反時計まわりである。三次元スピンは、時計まわりである。パルサー幾何学で、天空調波は、限られた存続期間にわたる時間ベクトル・ポテンシャルの調整であり、そこでパルサー幾何学は、時間を通して「後戻りする」ないしは反時計まわりに脈動する。テレパシー的に時間を通して後戻りするこの動きは、回復の対象となる原子・分子構造の時計まわりのスビンと調整され、心的に引き起こされた反転スピンが発生し、退廃あるいはネガティブな秩序を中和化し、さらにはそれを消し去る。

10.6.種全体にわたる生体恒常性の回復―非平衡の集合社会的なパターン、悪性の病気の修正を含むーもまた、生物地球化学的な変換の形態として実行される。そこでの共時性秩序の調和的な再配列は、サイバンクの中にコード化されているDNAの構造の中での感覚テレポーテーション訓練を含む。

10. 7. 酵素、ウイルス、バクテリア形態の原子や分子のスピンを反転させるパルサー幾何学と同じ原理が、遺伝的有機の共時性秩序の再配列のために活用される。

10・8一般的に退廃した形のスピンを反転させる原理は、銀河脳の高次調波の指令により要求される進化的な必要である。誤った操作や管理手続きによって退廃した要素や秩序の改革なしには、どんな進化的な前進もありえない。

10.9.結果として包括的かつ美的な強化の増大を生じない共時性秩序の調和的な再配列はありえない(どんな共時性秩序の調和的な再配列も、結果として包括的かつ美的な強化を増大させる)。T(E)=Artは、PAN(惑星芸術ネットワーク)の活動としての調和的な再配列すべてのプロセスを定義する。

10.10.PANの活動は、時間の法則の応用とともに増大する進化の蓋然性である。銀河文化は、共時性秩序の講和的な再配列によって引き起こされる、増大した、ないしは新規の美的規範の蓋然性の総計である。

10.11.共時陸秩序の調和的な再配列は、美(美学原理)を増やすことである。すなわち、原子・細胞遺伝的な再配列は、本質的に美的である。再配列のテクニックや天空周波は、設計美学による。このテクニックを進化させる必要のある社会形態は、生物学的に美的である。T(E)=Artの法則により、PANは本能的な意識を継続意識や超意識のテレパシー秩序へと高める全体系秩序としてあらゆるものを包括する。

10.12.共時性秩序の調和的な再配列は、極をとりまく輪の創造や惑星間流動管システムの回復に不可欠である。回復される時間の色彩機能は、社会的であると同時に、テレパシー的あるいは心的な機能でもある。意識的な生物圏の回復は、その四次元のパターンが調和的に再配列された有機秩序と似ている調和的な社会秩序を創り出す。

10. 13. 共特性秩序の調和的な再配列は、生物圏から精神圏への移行の機能である。極をとりまく虹の橋の実験に引き続き、その結果生じるPANの調波秩序のテレパシーは、意識的に銀河脳に関わる。惑星芸術胞子の発達は、それ以後、あらゆる生物圏機能の完全な精神圏的な統一を司るテレパシー的な継続意識や超意識のフィードバックの自然で進化的な配置となる。

 

スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 21:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする