スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    太陽脈動コード7 青い手

    • 2015.08.28 Friday
    • 05:32

    時間の力学の260の基礎条件
    http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231


    7.1.普遍的に共通の13:20の計時周波数によって制御される宇宙の共時性秩序は、天空調波のシステムとして組織されている。天空調波の調整は、正しいツール、「13の月の暦」、テレクトノン、ドリームスペルでのみ実践可能である。

    7.2.天空調波は、空間における目的を持った点、すなわち意識の進化体から発するベクトル点のポテンシャルによってのみ到達可能な目的を持った意味の秩序を表わす。

     7.3.生物的な28日、13の月の周期に応じて毎日の時間を制御することで、天空調波の最も一般的で共通の事象が確立される。これらの天空調波は、四次元の数字の力、4、5、7、13、14、20(28)の機能である。生物秩序を制御することによって、時間の周期的な力は平明なものになり、形に到達する意識の自律性と一致した無味の形成パターンで、継続意識を啓発する。

     7.4.「13の月の暦」により到達可能な天空調波の事象を組み込んでいるテレクトノンは、本質的に歴史的カかつ惑星間的な天空調波のさらに複合的な秩序を確立する。「法則の立方体」、16(4×4)(32の2分のI、64の4分の1)の力の導入は、生物圏から精神圏への移行の地図を描くポテンシャルを増大させる。

    7. 5. 進化的な力学の原初の結晶秩序は、AC(Aboriginal Continuity/始原の連続)と定義される現在進行中の文化的な時間の機能を確立する。水晶によって引き起こされるACは、投影的かつ二次的な反映である生命の力学によってつりあいがとられ、その現在進行中の時間の機能はCAと定義される。

    7.6.生物圏から精神への移行をもたらす技術圏と生物地球化学的な不均衡を創造した歴史周期において、進歩したCAの機能は、「文明の進展」(Civizational advance)として定義される。5200年にわたる「歴史周期」におけるCAプロセスの不均衝の総計は、ACの力をただ破壊するだけである。

    .テレクトノンで、再チャージ水晶を使うことは、天空調波によって制御され、またそれに対して聞かれているテレパジー的な生物機能へと根源的な結晶秩序を統合する。テレパシー的な応用、たとえば『倫理プロジェクト:テレパシー的な極をとりまく虹の橋の実験」によりテレクトノンの天空調波を確かめ、その地図を描く目的は、ACとCAの機能の均衡を回復することにある。これはまた「人類の磁気的な再教育」とも呼ばれる。

    7.8.テレクトノンと「倫理プロジェクト」がうまく成し遂げられると、ACの第一犠牲の再確立および今度は「宇宙の気づき」(Cosmic Awareness)と定義されるCAの再統合がなされる。始原の連続(AC、32)と宇宙の気づき(64)の(13:20)の)融合は、精神生代を特徴づける、人類一生物圏−精神圈という連続体の共生状態を定義する。

    4つのプレートあるいは時間の機能に拡張される13 : 20の母体の二項逆対称パターンは、サイバンクを惑星規模で完全にコード化された銀河脳のホロノミックな登録として確立する。その結果、サイバンクは、ドリームスペルのコードにより到達可能な天空調波を創り出す、時間ベクトル・ポテンシャルの完全な複合体を含む。

    7・10個人的な天空調波は、誕生の日付に基づいた時間におけるテレパシー探検であり、同時に個人的な空間点とその時間ベクトル・ポテンシャルを定義する。天空調波により、これまで無意識だった生命プロセスは、それが開示される共時原理(synchronics))の意識的な秩序において体験されうる。

    7.11.歴史上の天空調波は、特定の歴史上重要な出来事の日付に基づいた時間におけるテレパシー探検であり、同時にその特定の歴史上の空間点とその時間ベクトル・ポテンシャルを定義する。天空周波により、これまで無意識だった、あるいはカルマ的に誤っていた歴史上のプロセスが体験され、継続意識の進化力学に応じて共詩的に再配列される。

    7.12.惑星間の天空周波は、特定の惑星間の事象点に基づいた時間におけるテレパシー的な探検であり、そして同時に特定の惑星間の空間点とその時間ベクトル・ポテンシャルを定義する。天空調波により、機能不全になり無意識になっていた流動管が確立され、極をとりまく虹の橋の実験の完了に依存している、共時的な惑星間の再配列プログラムのために活用される。

    7.13.銀河普遍生命の天空調波は、銀河事象の連続体における特定のポイントに基づいた時間におけるテレパシー探検であり、同時に特定の銀河の空間点とその時間ベクトル・ポテンシャルの同一性を定義する。天空調波により、銀河事象の連続体の創造的な流動に入り込むことができ、共時性秩序の創造的な理解力やその範囲を拡大する。
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 05:32
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする