スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    太陽脈動コード 黄色い種

    • 2015.08.25 Tuesday
    • 05:42
    時間の力学の260の基礎条件
    http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231
     
    4.1.惑星体は、根源的な恒星マスから螺旋的に物質化した投影である。したがって、惑星体は、銀河脳を特徴づけるのと同じプロセスの構造にホロノミックに関与している。

     4.2.惑星体は、恒星マスの軌道部分であり、そこには時間の結晶幾何学の組み込みが弁証法的対立を演出し、定義する可能性が生じており、そこから二次的な反映である生命が進化する可能性が芽生える。

     4.3.惑星体の中で、形としての時間の水晶(結晶)投影か、おもにローカルな恒星から発せられる光子的な放射と化学的に相互作用する。結晶形態は、昼夜の位相交替における惑星体の回転速度の中で、およびそれに一致した形で太陽の脈動を設定する。

     4.4.惑星地球の進化体に組み込まれている銀河脳は、太陽の脈動と、昼夜の位相交替の弁証法的対立を必然的に前意識・非有機形態の複合に変容し、そこで水の成分が、化学的に水晶、光、熱(光一電気と、熱一力動(kinetic)エネルギーの状態)から発生する。

     4.5.ひとたび水の成分が熟一電気的に引き出されると、二次的な反映である生命のための根源的な状態が、光と熱の化学機能の自己発生的な相互作用として、進化する惑星秩序の中で確立される。植物の中の光合成は、根のシステムの熱制御による水処理能力と直接比例している。

     4.6.植物と有機領域の関係は、水晶と非有機領域の関係と同じである。時間の放射幾何学は、全植物の構造と繁殖力を満たす。種としての植物の存続期間、すなわち個々の要素の周期ではない種としてのそれは、生命の本能的な無意識の有機領域の中で時間の秩序を維持する。植物の存続期間は、水晶の存続期間と相補的な関係にあり、それが共になって生物圏と呼ばれる生きた惑星環境の弁証法的対立を創り出す。

    4・7生命それ自体は、四次元の時間の放射状母体から生じたプログラム・コードの機能である。惑星地球上でこのコードは、64単位のDNAコードとして知られている。DNAコードと、時間の法則のT(E)=Artの相互作用、およびその同期的な13:20周波数により、生命の進化秩序が型どられる。

    4. 8. 特定の惑星の進化的な開示の、有機・二次的な反映である生命の可能性のすべてのための情報ポログラムを含む64のDNAコドンは、根源的な統一(1)の二重化ではじまる数学的な二進法数列の7番目の秩序である:1,2,4,8,16,32,64。この数列で32は、複合的な秩序、水晶を表し、その二項(ニ進法)弁証法対立から二次的な反映の生命(64)が生じる。

     4.9.水晶の形成力は、二進法進行の6番目あるいは立方体格子秩序を組み込んでいる。その手前の5つの秩序、1:統一、2:極性、4:形態形成力、8:空間拡張、16 : 周波―は、水晶の32の立方体格子と結び合わされて、生命:64、自己発生的な形に組み込まれ、包括されている。四次元の放射状数学の進行では、より低い秩序は、より高次の秩序に包括され、組み込まれている。

    太陽コード4 [種] 銀河の音程10
     4.10.水晶とその二次的な反映である生命の弁証法的対立の複合としての生物圏の存続期間は、進化の可能性のスペクトルすべてにおける銀河脳の全体秩序を構成する。生物圏は、前意識を通して無意識へさらに無意識から、意識や継続意識を通り抜けて、超意識や潜在意識へと進化する。

     4. 11.生物圏の秩序の中で、非有機、有機の全機能は、生物地球化学的なプロセス(the biogeochemicalprocess)と呼ばれる、単一で一元的なプロセスを構成する。生物地球化学的なプロセスは、原子の生物発生的な移動(the biogenic migration of atoms)として知られる自己変異的な化学エネルギー交換によって維持される。

     4.12.生物地球化学的なプロセスの複合性の増大は、原子の生物発生的な移動の加速、および存在の無意識から意識の秩序への移行を引き起こす、さらにより複合的な生命のレベルの事象に特徴づけられる。

     4.13.惑星地球の進化する生物圏の秩序の中で、人類は、自己反射の力を生じる生物地球化学的なプロセスの最大の複合かを表わす。人類の秩序において、意識から継続意識への移行は、その自己反射的な力の領域にある。持続した継続意識を創造する臨界点は、自己反射的な時間の法則の発見に依存し、それが無意識の秩序としての生物圏の進化の最高潮と、生物圏の進化が宇宙意識あるいは存在の超意識の秩序へと向かいはじめることをしるす。
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 05:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする