スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    太陽脈動コード2 白い風

    • 2015.08.23 Sunday
    • 06:35

    時間の力学の260の基礎条件
    http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231

    2.1.惑星生物圏を司る時間の力学と同じものが、この恒星系の構成員となっている銀河脳の系の中のその他の恒星マス(Stellar masses)との関係における、このローカルな恒星マスも司っている

    2.2.起源の設計原理によれば、時間の中の進化の可変的な相違は、銀河脳の中のさまざまな恒星
    マスの中で起こる。

    2.3.時間の中のある任意の瞬間における恒星マス間の時間の中の進化の相違を構成する要素は、銀河脳を構成する時間と意識の連続体を定義する<エネルギー一心>の進行における可能性のスペクトルの全領域を創造する。

    2.4.恒星マス間の時間の中の進化における相違の可変性の目的は、あまり進歩していない段階、あるいはより進歩した段階など、あらゆる恒星進化発展のレベルに対して、銀河脳の残りの部分との関係においてみずからを測る機会を、任意の瞬間に提供することにある。これは、共時性秩序の同時的な事象の継続性、あるいは包話的な全体系の体験を説明する。

    2,5.全体場の至るところでの恒星マスの性質、その全領域の可変性による任意の瞬間における銀河脳の包括的な全体系の体験は、その本質においてこのうえなく美的なものである。

    2.6.ひとつの恒星マスの中の時間の法則の意識は、時間の法則、T(E)=Artの、適合性と成就における自己反射的な創造性を増す方向に向かう。その結果、時間の法則によって作動するその効力は、宇宙の創造的な指令に意識的に参加する傾向を増大させる。テレパシー的に進化した心により、自然の諸力は、進化の多様なレベルのあらゆる段階に応じて機能するべく型どられる。

    2.7.時間の中の任意の瞬間に意識的な可能性のスペクトル秩序の全領域を構成する、時間の中で進化する恒星マスの可変的な相違にとって真実なことは、私たちが位置しているひとつの秩序の外側に存在する全体としてのその他の銀河秩序の総計にとっても真実である。神によって調整される無数の可能性を持つ銀河脳のすべては、時間の法則によって司られる創造的に進化する宇宙の中の、進化的な可能性のさらなる高次秩序のスペクトルの全領域を反映する。

    2.8.全体的に進化した意識を体験した、もしくはそれを体験するプロセスにある恒星系は、時間の法則の自己反射的な知識の程度を越えては、その恒星マスの中で時間の中の意識の進化が進展しないことを必然的に理解する。

    2.9.より高次の進化した恒星系とその他の銀河秩序は、時間旅行の多様な進歩形態により、より進化していないその他の系の調査をすることがある。しかし、それはその意識の流れが自己反射的な意識に達する時点に進化するまでは、直接的な方法で介在することはない。唯一、相互のテレパシー的な気づきあるいは認識だけが許されている。

    2.10.反対に、より進化していない系におけるテレパシー的な知性は、より高次でより進化した系とのコミュニケーションを探し求め、それを確立しようとする。このプロセスで伝えられ、共有される全情報は、普遍秩序の全体系の包括的な理解の中でのみ有用であり、また機能しうる。

    2.11.より進化していない、あるいは純粋に三次元的な秩序の中における時間の進化の目的は、本能に適合する知性を確立することである。本能は、特定の三次元形態やその遺伝的な永続性を保存する必要により決定される三次元の舵取りの知識である。

    2.12.本能は、完全にT(E)=Artの機能であり、テレパシーの「無意識の」秩序を表わす。本能がまったくのところ有機機能に根を持つものであるのに対して、テレパシーは生命の有機作用とは独立している。三次元の本能は、物理的な凝集性を持つ構造の形成に向かう傾向がある。四次元のテレパシーは散逸的であり、時間の中における放射状の舵取りに向かう傾向がある。

    2.13.特定の恒星マスの中で、銀河脳の象限(※訳注:四区分/四半分切ひとつをさす)や半球のそれぞれは、意識としての時間の全体進化を特徴づける大いなる発達の螺旋を反映する、それみずからの発達の螺旋を所有する。特定の恒星マスの中で、銀河脳の四つの象限のどれか、そして二つの半球のどちらかが、その特定の既望マスか進展していく進化発達の段階やプロセスを示す形で強調される。
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 06:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする