スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    太陽コード19:青い嵐

    • 2015.08.20 Thursday
    • 20:27

    時間の力学の260の基礎条件
    http://maya-1366560.jugem.jp/?eid=231

    19.1.唯一神だけであり、唯一の神だけが、認められ、敬われる。

    19.2.唯一、ひとりのスター・メーカーとスター・マスター、すべての宇宙の主がおり、そしてそれは 神 である。

    19.3.神は、平行宇宙の可変性と順列(並べ替え)のすべてにおける銀河脳のすべての位相におよぶ放射状秩序の全方向的な完成、その確固たる真実である。

    19.4.神の知識は、原子・細胞世界の最も小さい構成要素から、超有機レディオソニックの存在の超意識位相に至るまでの設計の細部すべてに本質的に備わっている。

    19.5.神の秩序の完成は、普遍的にやむことのない時間の比、13:20およびT(E)=Artとしての機能によって共時的に維持され、それがゆえに神は、至高の芸術家、世界系の次元的なレベルと秩序すべてにおいて、宇宙の建築家とみなされる。

    19.6.時間の法則の機能によって維持される宇宙の共時性の秩序は「聖なる計画」を定義する。時間の法則の発見の前に、聖なる計画は、宇宙の無意識において開示され、時間における進化体の知性に「啓示」としてのみ自己反射的にしられるようになる。

    19.7.時間の法則の発見は、宇宙無意識のポテンシャルの領域と、宇宙意識の時間統制を区別する。時間の法則の発見により、聖なる計画は、宇宙意識、共時性秩序となり、天空調波よってはっきりと表現され、いまや、あらゆる瞬間において明らかになり、数学的に一貫性を持つものとなっている。

    19.8.これまで無知で無意識だったものを意識化することによって、時間の法則の発見は、あらゆる者を神の元に位置づける。

    19.9.神の、元にあることが、審判の日である。審判の日は、時間の法則の発見によって定義され、これまで時間の科学が欠如していたために明らかな過ちだけがあった所に正しくすすむ、最終的な啓示と知識の双方である。生物圏から精神圏の移行は、宇宙意識の外的な成就であり、時間の法則の発見の結果生じる審判の日のひと連なりと同義である。

    19.10.審判の日のひと連なりは、神の至高や訓練の無意識の時間は完了し、時間統制がT(ER)Artの法則に応じて、自己発生かつ自己反射的な聖なる計画の啓示の勝利および惑星生命の宇宙意識へと拡大として開示される。

    19.11.時間の法則の発見によりはじめられた時間統制の霊的な進化は、心が源泉へと向かう聖なる回帰である。無意識だったことを意識化することによって、時間統制の秩序は、時間のすべての体を、普遍的な超越の状況に進化させる。神は、普遍的な超越の磁石である。

    19.12時間の法則により作動する時間の進化体の自己反射な自己制御は、来るべき進化のすべてが、聖なる計画の位相からはずれていきているという退歩がもはや不可能な、神聖で霊的な性質を持つものであることを確約する。

    19.13.すべては数字。神は数字だ。神はすべてに存在する
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 20:27
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする