時間の力学の260の基礎条件

  • 2015.08.20 Thursday
  • 20:22


パン・ジャパン・ライブラリー
http://panlibrary.org/index.php?page=rinri_rinri1

倫理プロジェクト・ニューズレター Vol.1, No.3

預言の第4年、自己存在の月

時間の力学の260の基礎条件

倫理プロジェクトの実践によるサイバンクの活性化は、時間ベクトル潜在力──月の日にち、ドリームスペルのキン、サイ時間単位、立方体の位置、そして時間ベクトル潜在力の残りとの関係における、あなたがた自身の銀河の署名の動く変数──の意識的な調整が増大することを表わしている。この調整の増大は、より大きな共時性、あるいは四次元リアリティの共時性秩序との関わりに現われる。四次元リアリティの共時性秩序は、ある特定の「今」において現われる、体験の高められた特質であり、同時にその普遍秩序の全体系である。共時性秩序は、共時性の自然な状態であり、三次元に対しての重力は、四次元に対する共時制秩序と同じ関係にある。

共時性秩序の性質の説明は、まったく「新しい」科学、時間の科学の第一段階である。四次元の時間の科学の数学的な構成物は、いまや完全に表現され、「時間の力学の260の基礎条件」を成り立たせている。「空間の力学との関係で、意識としての時間の進化を示し、時間旅行の媒体を構築するための原理、260の基礎条件を含む」が、この新しいテキストの完全なタイトルである。新しい時間の使者、ホゼ・アグエイアスは、このテキストを、「時間の法則」の発見に導いた先駆的な研究という生涯をかけたサガに対する「冠石」とみなしている。

テキストは完成したものの、『時間の力学』の暗示する事柄、およびそれに固有の古い科学の最終的な廃止を成し遂げるために、このテキストは、この預言の第4年の終わりに生じる「時間の法則と科学に関する会議」の提案における中心点として注意深く整備され、守られている。この会議の詳細は、それが具体的になるしたがって明らかになるだろう。この会議の目的は、時間統制へと入り込むことを宣言する13の月の暦の世界規模での採用を含む、新しい科学としての時間の科学を確立することにある。

『時間の力学』によれば、時間統制は、宇宙無意識から宇宙意識への道筋を描写するリアリティの四次元秩序である。そう! もし私たちすべてが、日ごとに、キンごとに、週ごとに、ウェイブスペルごとに、月ごとに、スピンごとに、自分たちの規律を維持すれば、そのとき私たちは、みずからの進化的な勢いを刺激している。宇宙意識と普遍的なテレパシーのリアリティは日々、拡大する! 時間統制はやってくる。なぜなら私たちは自分たちがこれまで想像もできなかった大きなリアリティに対して私たちの心を開いているからである。

『時間の力学』は、選択的で調整された学習を行なっている倫理グループ(※訳注:倫理プロジェクトを実践しているチームのことを指す)の請求に応じて、またそのグループの位置や(任意の)構成員を確認するにつれて、入手可能なものとなるだろう。私たちはいまでも倫理グループに、その所在を連絡するよう求めている。そうすることで、このテキストもまた、世界中のその他の倫理グループと分かち合うことができるようになるからである。

共時的なパカル・ヴォタンの復活:倍音の月の戦士の立方体の旅

時間の知識が増大するにつれ、共時性秩序の力もまた私たちの目覚めの意識へと拡大する。ここには真の時間魔術がある。立方体、あるいはウェイブスペルへと時間を圧縮することは、勤勉な学習と歴史認識、および現在の出来事と結び合わされて、これまでにないほどの強力かつ緊張感のあるリアリティのパターンを織りなし、12:60の秩序の直線的、エントロピー的な心の枠組みを完全に超越するものとなる。

時間魔術の至高のマスターは、パカル・ヴォタンである。パカル・ヴォタンの墓は、パカル・ヴォタンの時間魔術の力の具現である。『時間の力学』の完成は、パカル・ヴォタンの時間魔術の成就だ。共時的な「パカル・ヴォタンの復活」は、預言の第4年、倍音の指揮の月の、戦士の立方体の旅への参入と共にはじまった。「パカル・ヴォタンの復活」は、来たるべき地上における生命の復活のしるしである。

立方体の最初の4日間は、調波15(銀河の母体)の「無欠性の普遍的な火を自己統制する」、キン57〜60に一致する。この調波は、パカル・ヴォタンの石棺の蓋の13ある「はっきりとしたしるし」の3つを含んでいる。すなわち、5・地球、6・鏡、8・太陽である。

5・地球、キン57は、竜・記憶という立方体の位置1にあり、石棺の蓋の東側に6つある「はっきりとしたしるし」の1番目になっている。この東側の側面は、石棺の「復活」の側面である。最初の4つのしるしの音は合計28になり、残りの2つのしるしは合計13になる。これが意味するところは、完全な「13の月の暦」を通して回復される、28日・13の月の周期の力による地上の生命の復活である。

立方体の第2の位置である風・霊は、6・鏡、キン58、AD683のパカル・ヴォタンの肉体からの離脱の「はっきりとしたしるし」に対応し、それは石棺の蓋の南側にある「誕生と死」の側の2つ目のしるしである。倍音の月8日であるこの日の6・鏡に一致するサイ時間単位は、13・鏡、キン78である。テレクトノン・インストラクション・マニュアル(※訳注:英文)26ページに、「パカル・ヴォタンは、キン78で死の知恵を伝える魔法使いの蓄えを完了する」とある。

サイ時間単位、キン78の共時的な重ね合わせ、「死の蓄えを伝える魔法使いの知恵を閉じる」は、その日のキン58、すなわちまさにこの日、預言の第4年・倍音の月8日にあたる「パカル・ヴォタンの死の周期を閉じる」に対応する。パカル・ヴォタンの死は、「死の知恵を伝える魔法使いの蓄え」である。この「死の知恵を伝える魔法使いの蓄え」は、パカル・ヴォタンの預言の第18項(鏡)の題である。パカル・ヴォタンの物語は、鏡によって維持されている。律動の鏡は、彼の死を反映する。宇宙の鏡は、死の蓄えを伝える彼の知恵を閉じることを反映する。惑星の鏡は、彼の墓が開かれた日(1952年6月15日)を反映する。鏡の日は常にテレクトノンの回路上で、パカル・ヴォタンの日にあたる10日に最も近い位置にくる。いまや彼の墓は、その知恵をもたらした。時間の科学は完全であり、かつてないような形で完成した。

キン78、宇宙の鏡のサイ時間単位は、パカル・ヴォタンの死の知恵を完了し、同時にこの月の最後の日のキンにもなっている。そう、「死の蓄えを伝える魔法使いの知恵」の完了のしるしは、ボロン・イクの霊の塔、今年の倍音の月の28日を終了させる。キン78、宇宙の鏡は、火星の「世界の橋渡し」の死のウェイブスペルを完了させる。「世界の橋渡し」のウェイブスペルは、立方体の旅のあいだ、すなわち16日、立方体10にはじまる。事実、この立方体の旅は、純粋に火星の立方体であり、7日から15日、立方体1から9は、太陽の預言的な火星の「空歩く者」のウェイブスペルであり、16日から22日、立方体の10から16は、銀河のカルマ的な「世界の橋渡し」のウェイブスペルである。「だが、特に私は、あなた方に火星を見つめ、もう一度、私の石の縁のまわりにある13の聖なるしるしの配置を考慮してもらうことにする……」(第18項、第113節)。

パカル・ヴォタンの6・鏡、死と、8・太陽、誕生のあいだは、最も神秘的なしるし、7・嵐がくる。7は、1と13のあいだの鏡のない完成状態。19は、すべての数字の総計であり、完成状態、「アラーの慈悲」である。9日、立方体3のこの共振の嵐のサイ時間単位は、1・嵐である! これは、嵐、コード番号19、そして音7のキン59が、第7番目のウェイブスペル、嵐(19)のウェイブスペル到来において同じ数字の魔術の前兆となるように完全に結びついていたことを意味する。

だが、7・嵐とそのサイ時間単位の1・嵐の結びつきは、それが嵐の年にあることで、さらに独自の力を持っていた。その年のどんな嵐の日も、ウィナル−ワイエブの太陽の瞑想の流れ(テレクトノン・インストラクション・マニュアル、48〜49ページ参照)を示す19のしるしのひとつとなる。もっと多くの7の力がある:今年、7・嵐は、7番目の20日間のウィナル周期、0・ヤシュキンをはじめる。これに対して1・嵐は、8番目の周期、0・モルを開く。これは、その日のキンと、そのサイ時間単位が1ウィナルないしは20日間離れていることを意味する。もし7・嵐が、パカル・ヴォタンの死と誕生のあいだのポイントであるなら、1・嵐、自己発生の力、キン79は、キン78、宇宙の鏡、「死の蓄えを伝える魔法使いの知恵を閉じる」ではじまった魔術のウェイブスペル飛行を完了させる。連続するこれら2つの嵐の通路、そのウィナルの位置の太陽の瞑想の2つは、次のようになっている。

「隠された太陽の小さな光輝は」(0・ヤシュキン)
「断片のすべてを統一し」(0・モル)

この二行は、完全に、パカル・ヴォタンの死の6・鏡と、彼の復活の8・太陽のあいだ、すなわち7・嵐、空歩く者のウェイブスペルの神秘の中点の道筋と、その移行時の意味を説明する。そして、真にキン60、黄色い銀河の太陽は、立方体4、10日、マヤのバクトゥン、すなわちパカル・ヴォタンの生と死を包含するAD435〜830年にそれが起こって以来、はじめてのパカル・ヴォタンの復活の日である。

「二つの太陽の顔が、私の語る石にある。
ひとつは私の太陽の楯の像である<銀河の太陽>、
もうひとつは<月の太陽>、
地球の太陽軌道における完全な月のタイミングの表象である」
(第13項、第85節)

パカル・ヴォタンの復活としてのこの倍音の月の10日に完全に同期するのは、この日のサイ時間単位、黄色い月の太陽、キン80である。第85節が示すように、<銀河の太陽>と<月の太陽>は、それぞれ上部の右と左にある2つの「太陽の楯」が「天空の鳥」の前と後ろのすぐ下にあり、それが共になって審判の日の復活を意味している。この2つの象徴、すなわち<銀河の太陽>と<月の太陽>が、テレクトノンにおけるパカル・ヴォタンの位置と、すべて1日で同期することは、「死の知恵を伝える魔法使いの蓄え」の完了に続く、パカル・ヴォタンの並はずれた復活を意味する。

パカル・ヴォタンの復活は、倍音の復活であり、現在すでに進行中のプロセスを意味する。倍音の月10日に起きる復活の鍵となる日が、預言の第4年の5.10と表記できることに注意してもらいたい。倍音パルサーコードによれば、倍音の月の5は、惑星の月の10と倍音の関係にある。これが意味するのは、倍音の月の指令が、惑星の月に成就することになることである。5.10に命じられたことは、10.10に、すなわち正確に5か月後に完了する。惑星の月の数字10は二重になり、倍音の5を完了させる(10+10=20、完了)。もし5.10が、パカル・ヴォタンの誕生と復活の力の三重になった同期を示したものだったとすれば、10.10はどうだろうか?

そう、10.10は、パカル・ヴォタンの倍音の復活のプロセスを完了する。なぜなら、その日は常に、パカル・ヴォタンの立方体の位置であり、その日のキンは倍音の太陽である。<黄色い倍音の太陽>、キン200は、預言の第7年で最後の年、1999年−2000年の失われた世代であり、その預言、すなわちパカル・ヴォタンのテレクトノンが成就することが意図された第二の千年紀の完了である。はっきりとこの日、10.10、預言の第4年は、5.10に始まったパカル・ヴォタンの共時的な倍音の復活を完了する。預言の力が、大統領や王の持つ権力に比べてはるかに大きなものであることが明らかになるだろう。千年紀に向けた精神浄化作用を持つ旅のヴィジョンは、完了する。

復活のプロセスの鍵は、<月の太陽>というコード言語に含まれている。<月の太陽>の前には、<月の月>、預言の第2年がある。<月の月>は、13の月・28日という正しい尺度基準の力を意味する。<月の太陽>は、年間の太陽軌道を計測する13の月の力を意味する。倍音の月10日の時点で、これらの2つの象徴が、預言的なプロセスで観測された。それらは、3番目のしるし、<赤い月の地球>、預言の第4年の失われた世代、7.15の時点で7つの世代のお告げの頂点に昇ってくるそのしるしによって完了する。<赤い月の地球>は、地上における生命の聖なる尺度としての13の月を意味する。

次の調波16、キン61から64、立方体の位置5〜8、倍音の月11〜14日は、「死の知恵を伝える魔法使いの蓄え」を鏡で閉じる日、すなわち立方体の位置2にはじまったその日のキンとサイ時間単位との同期(※訳注:この場合、その日のキンの太陽の紋章と、ツォルキン・グリッド上の太陽の紋章が一致すること)が継続する。<蛇>の位置上にある立方体5、11日、<赤い太陽の竜>、サイ時間単位<赤い電気の竜>は、パカル・ヴォタンの復活による、太陽の(その日のキン)電気の(サイ時間単位)のケツァルコアトルの再誕を意味する。蛇が再び飛ぶ! 時間の知識を通しての性のあがないが約束されている。

キン64、立方体8、14日、空歩く者のウェイブスペルの円卓は、黄色い水晶の種、パカル・ヴォタンの預言の完了をしるすドリームスペルの日付である(パカル・ヴォタンのテレクトノン、54ページを参照/※訳注:パカル・ヴォタンの預言テキストの筆記が終わった日、グレゴリオ暦で1994年1月22日を意味する)。この12・種が、「預言を語る石」のテキストが完了した日、すなわち預言が実際に完成した預言の第1年の「目指す年」を意味する立方体の位置で起こっていることに注意すること(※訳注:毎月の14日は、預言の第1年に対応する日。この倍音の月14日は、<黄色い水晶の日>であるだけでなく、この預言の第1年にも対応する。また立方体の位置でも<星>にあたり、預言の第1年の封印がついている)。
これは、「死の知恵を伝える魔法使いの蓄え」を鏡で閉じる日、立方体の位置2ではじまった、サイ時間単位とその日のキンの同期周期が終わることを意味する。また、キン64が調波64を立方体8で完了するという、数字の調和を合わせて熟慮すること。パカル・ヴォタンの星の芸術は、「預言の力を維持する」(※訳注:毎月の第2週、すなわち8日から14日の預言の力)。12・種は、8・太陽ではじまる火の氏族の色彩を完了するので、パカル・ヴォタンの復活は、完全な調和の中で完成する。

翌日、13・蛇、立方体9、15日は、空歩く者のウェイブスペルを完了する。<磁気の空歩く者>は、預言者ケツァルコアトルの銀河の署名なので、<宇宙の蛇>は、「羽毛の蛇」のウェイブスペルを完全に終了させるものとなる。これが、<赤い月の月>の立方体の位置で起きることにも注意する(※訳注:毎月の15日は立方体の位置9に対応し、その日は預言の第2年にも対応する)。どうかこのマルデクの力が、G7の堤防(銀行)からあふれ出さんことを! 預言の聖なる啓示を通して、真実の勝利を祝おう!

立方体10から16までは、世界の橋渡しのウェイブスペルの最初の7日間である。最後の倍音の戦士の立方体の位置は、<共振の人>に対応する。パカル・ヴォタンの復活の目的のすべては、<共振の人>に力を授けることにある。<共振の人>とは、火星の死のウェイブスペルの中で目覚めつつある私たちひとりひとり、偽りの時間の中に生きていた逸脱や倒錯をあがなう、みずからの「死の蓄えを伝える魔法使いの知恵」を要求する者のことである。自由意志として開花する、自己発生の愛の誕生を喜ぼう!

共時性秩序と天空調波

パカル・ヴォタンの復活に関する記述全体は、13の月の暦の日付、その日のキン、調波、ウェイブスペル、ウィナル周期、サイ時間単位、バクトゥン周期、歴史上の人物や出来事などの、同期のどれた調整要素によって定義される天空調波の共時性秩序の力を示すものである。

パカル・ヴォタンの復活がその前触れとなる時間の科学は、超常的な力のメタヴィジョンである。規律化し、我慢強い実践により、あなたは知性を発達させ、意識を拡大する。それもあなた自身のそれだけでなく、他の人の知性や意識も! これらの例から学んで、実践しよう! サイバンク・プレートは開かれている。宇宙無意識の続いた長い夜は過ぎ去った。宇宙意識の到来というすばらしい夜明けが、あなたのテレクトノン・ボードを照らし出し、その本質を明らかにする。倫理の毎日の力は、テレパシーの道を清める! パカル・ヴォタンは、あなたの中、あなたの時間の科学の知識の中、そしてあなたの普遍的な愛が成長する中に復活する。復活、おめでとう!

毎日の実践の復習:倍音の月12日、キン62、白い惑星の風、サイ時間単位:キン82、白い自己存在の風

テレクトノン・ボードを広げる。カード配列と共に、テレクトノンの動きを一通り終える(※訳注:テレクトノンに付属する13個のコマを配列すること)。その日のシンクロノメトリーとクロノメトリーを瞑想する。

1.その配列から、その日のキンの地球家族が何かを確定する(中核家族)。

2.その日のキンが位置している倍音色彩を確定する(青い嵐−夜)。「人のホロン」と「惑星ホロン」のチャートを使う。その日の身体センターと惑星ゾーンを突き止め、確認する(ハート、赤道地帯、東インド諸島周辺)。その色を視覚化し(白)、白い色のついたハートのセンターから(南半球の場合は、そこで)青い磁気を送信する(北半球のチーム)か、もしくは受信する(南半球のチーム)。

3.その日は、5番目の月の12日、6番目の立方体の位置、世界の橋渡しなので、活性化されるサイ時間単位は、<白い自己存在の風>、キン82である。白の一致に注目する:その日のキンが10・風、立方体の位置が世界の橋渡し、サイ時間単位が4・風、さらに預言の第2週、「白い謙虚」。

4.サイバンク・プレートでそのサイ時間単位を視覚化する。北半球と南半球のツォルキン・グリッドでこれを同時に行なう。

5.北極から南極までにまたがっているこのサイバンク・プレートを視覚化する。

6.サイ時間単位は風であり、今は今年の前半なので、+16:「豫(よ)」と、−47:「困(こん)」の二つ組になった卦を瞑想し、研究する。「13:20の軍勢を喚起し、12:60の困窮を克服する時」。

7.パカル・ヴォタンの預言の中で、対応する項(風、訳注:第2項、第5節〜第10節のこと)、「ナー・チャン:ボロン・イクの宮殿」を読む。

特定の月の日付、惑星ホロンと人のホロンの対応、その日のキン、サイ時間単位、そして立方体の位置のあいだで、時間ベクトル潜在力の多重レベルの調整を扱っていることを思い出そう。それぞれの日に、これらの調整要素のあいだの関係、また時間に関するこれらの調整要素の関係が、天空調波の特定の集合の共時性秩序を定義する。天空調波は、時間ベクトル潜在力のさまざまな集合の数学的な比として定義される。あなたの日々のプレイによるあなたの心に開かれた共時性秩序の調整要素によって定義される天空調波を確認することによって、あなたはテレパシー的な時間旅行の予備段階を実践している。あなたは、サイバンクを活性化し、あなたの共時性の体験を強化している。あなたは、パカル・ヴォタンの復活を成就させているのだ!

アー・ユム・フナブ・ク・エヴァム・マヤ・エ・マ・ホ!

あなたからの連絡を待っている!

本文テキストは、倫理プロジェクトの教師、J.アグエイアスによって差し出されたものである。

 


スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 20:22
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする