【0−19】

  • 2015.04.18 Saturday
  • 07:10

0−19コード


■「パカル・ボタンのテレクトノン」15:97)
:「【0−19】が私の掟。常に身近なところにある知恵のすべての表示がここにある。それは、銀河存在の網目と、時間における自然の秩序すべての形を理解する知恵である。ちょうど19が神の慈悲の力であるように、ゼロは充ちており、同時にからっぽであり、心の本質とそれが知り得る全てのものを特徴づける」


■四次元の数学原理の 抜粋。
数学的な宇宙論:0ー19=13:20である。 どんな真の宇宙論も、純粋に数学的な公式により表現できるものでなくてはならない。 数学的な公式の完全な表現が、その宇宙論である。0ー19が四次元の数学的な宇宙論である。 要約:四次元の時間の宇宙論的な秩序は、数学的に次のように表現される: 0ー19=13:20。 ここで、変数の可能性の総計は、 周期定数13と、動く20(0ー19)の表記定数という二つの素因数の表現=260、 あるいは13:20である。 (0ー19=13:20)は、宇宙論的な等式(=フラクタルの等価)として定義され、 260の時間ベクトル潜在力の基本母体を確率し、 それはフラクタル比の能力に応じて、無限の等級やレベルに拡張されうる。 260の時間ベクトルの基本母体は、有限ではあるものの無限に拡張可能な秩序、 すなわち直線的な論理を超越し、進化的な開示の論理に包み込まれる秩序としての、 四次元の時間の宇宙論的な複合体を定義する。 四次元の時間の宇宙論を定義する、共時性秩序の宇宙論的な数学(0ー19=13:20)は、 根本的に非直線的なものである:今に中心を持ち、周期的フラクタルであり、 放射性を持つ。適切な表記コードで表現される0ー19は、 純粋に数学的な宇宙論:0ー19=13:20(0ー19コード参照) としての四次元の宇宙論の可能性の全領域を要約する。 根本的に非直線的な四次元の数学的な宇宙論は、読み書き能力の以前、あるいはそれ以後にあるものである。 とは言うものの、進化的な発展のすべての可能性を使い果たしてしまった直線的な読み書き能力は、 ベクトル潜在力を可能にすることもありうる条件のひとつの集合として含まれる。 これがゆえに、(0ー19=13:20)の純粋な論証は、ホログラフィー的な図象形式、 あるいはホログラフィー的な表記形式のどちらかであり、 そこではひとつ(4+1)のカラーコードが、 投影的な形の幾何学により四次元の時間のホログラフィー的・周期的な形成特性を表現する。 (ドリームスペルのオラクルボード/お告げ盤、ジャーニーボード/旅程盤、ウェイブスペル、調波と色彩を参照のこと)。

 

 

■ひふみ神示
http://13.pro.tok2.com/~space-age/sunmoon/index.htm
碧玉の巻 第十九帖
 百は九十九によって用(ハタラ)き、五十は四十九によって、二十は十九によって用(ハタラ)くのであるぞ、この場合、百も五十も二十も、天であり、始めであるぞ、用(ハタラ)きは地の現れ方であるぞ、フトマニとは二十の珠であり、十九は常立であるぞ、根本の宮は二十年毎に新しく致さねばならん、十九年過ぎて二十年目であるぞ。地上的考へ方で二十年を一まわりと考へてゐるが、十九年で一廻りするのであるぞ、いろは(母)の姿見よ。

スポンサーサイト

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 07:10
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする