スポンサーサイト

  • 2017.11.22 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

     5 とは!!

    • 2014.01.27 Monday
    • 18:02

    13の月の暦で、銀河の音程11のことをスペクトルといいます。
    11-
    スペクトルのキーワードは、解放・溶かす・解き放つ
    5
    番目の素数は11です。 
    5は中心の数字
    マーリンの魅惑城は5番目の城。
    ドリームスペルを理解するには、第5の力をグラウディングして多く体感しなければ。




    金剛界五仏 マハーバイローチャナ-大日如来も五の中心


     
    九方陣の中心も 5

     
    ドリームスペルの第5の力は
    【第5、第5の力】:中心を保持する母体倍音。完全な倍音の可能性を引き出す数学的なコードの位置的な単位。重力をスプロケット(鎖歯車)にする次元間の放射母体としての時間。
     
    【第5の力】銀河時間循環の4プラス1の色彩要素。放射状母体の原理。旅程盤の外側で、銀河の楯として表される。5次元の組織的な力、重力としても知られる。
     
    【重力】:第5の力としての4次元の銀河時間。ホロンのフラクタルな結合原理。銀河時間の放射状の同期ビーム。複数の次元を繋ぎ、調和させる倍音スプロケット(鎖歯車)。
     
    「重力」は、3次元の科学で、銀河ビーム、反重力、ガンマ線などさまざまに観測される。
    だが本来は、そのどれでもない「銀河の第5の力」である。
    重力は、放射状母体に情報を伝える高次元の秩序原理のエネルギーである。
     
    重力の核は、「今」という中でアクセスされる。今は歴史を持たないが、そこで私たちはどうしたらよいのか?歴史の代わりに「今」は、放射状にスプロケット化された重力の核を装えつけているのだ。この重力の核は、次元間の精神的な構築物である。この核は、今において「焦点化された意図」と「非焦点化された注意力」を適切に組み合わせることでアクセスされる。これが植物体の楽しみのノード(節、結節点)を開き、その間、同時的な電気的衝動が、4次元の電気体を活性化する。
    この電気体を「ホロン」と呼ぶようになった。楽しみを同期させる電気体は、植物体のすべてをとりまとめ、ひとつの包括的な実行体験をもたらす。植物体の「皮膚」からのオーガズムが楽しみに満ちたものになればなるほど、完全なオーガズム体験によって生み出される単純さと統合力は、最高の全体性と単純性を指す言葉にふさわしくなる。すなわち、「ホロン」である。
    楽しみに満ちた要求に応じて核にアクセスする植物体は、「ホロン」を刺激して、平行宇宙の多様性を探検するだろう。植物体の神経系はエクスタシーの波の中で、放射状にスプロケット化された刻印記憶___あなたがたの言葉で言うデジャ・ヴ__の開放によりあふれんばかりの状態になる。私たちにとってデジャ・ヴとは、私たちがすでに核、すなわち「今」に再融合しつつあることを統一的に示す現象だ。そうして私たちは、再び注力を目覚めさせる。

     
    【重力、第5の力】 G-force cor:
    時間としての放射子の力。CSRから知的に放射される時間のビーム。
    【重力の核】 G-force core:
    特定の瞬間における意識的な自覚のポイント。無限の可能性である「今」と次元間に鎖歯車状(スプロケット)につながっている。
     
    ドリームスペル より
    ★時間船地球2013   銀河時間の惑星芸術
    地球は時間船、銀河時間を旅する惑星ホロンである。
    時間は重力、銀河の第5の力である。重力は空間を含んでいる。時間は、空間の一つのポイントから別なポイントへたどりつくのにどのくらいかかるかではない。時間のはじまりもおわりもない。
    時間は四次元である。重力は、四次元のリアリティの秩序である。四次元の時間の構造はホロンである。銀河は、1つのホロンとして組織されている。
    地球は重力にのっている。地球ホロンは、そのローカルな星、太陽、太陽ホロンに同期している。地球ホロンと太陽ホロンの関係は、複数の銀河、星系、惑星、を連結する、さまざまな重力、フラクタルによって決定される。
    68億人の個人の構成員が、自律的、自己組織的、自己共時的にならなければならない。
    ホロノミックになる選択が無視されつづけるかぎり、人類種間のエントロピーのレベルは拡大する。人類種のエントロピー的な拡大は、自らの犠牲と、惑星環境の損失にほかならない。重力に乗ることで、地球の運命は、エントロピー的ではなく、シントロピー的になる。
    シントロピーがホロノミーを支配する。シントロピーは個人のホロンがかつてない大きな相互依存で集合することにより、そのエネルギーを増大させるという法則である。自律のないホロノミーはエントロピーであり、エネルギーの浪費である。-
    シントロピー的になることで、惑星ホロンの中での人類の開花は、銀河時間に同期づるようにんなる。現在、人類がシントロピー的になることができないのは、彼らが銀河時間の中に同期していないからである。現代の人類にとっての銀河時間は、中世の人類に対する太陽系の太陽中心の視点と同じである。人類は銀河時間と同期し、時間船地球のデザイナーにならなければならない。重力の地球に乗ることで人類は実際に時間旅行者となる。制限された三次元を信じる人類は,誤って時間の代わりに空間(宇宙)を探検している。現在の時間計算システムのすべては、112か月、1時間60分を作り出す、1260の日に基づいている。この比は、円の360度から採用されたもので、それは太陽のまわりを回る地球の365日に対応する、1328日のひと連なりと、余分の1日、循環するプラスワンの要素、現在の太陽暦の725日に分割される。
    13の力を否定した12か月の暦は、文明化された世界で使用され、祝日を見失わないようにする家父制の装置である。産業世界で12か月の暦は、時間を金銭に変換するテンプレートである。人類によって使われている多くの暦の中で、どれも惑星と銀河時間の統一を考慮しているものはない。
    グレゴリオ暦は、月ごとの日数の非論理的な配置のよい例である。それぞれ28日の13か月の代わりに、グレゴリオ暦は、13番目の月を余分の日々として、任意に12か月のうちの11か月に割り振っている。世界的に使われているグレゴリオ暦は、人類のたった30%によって保持されている信条システムに根ざしている多くの暦の中で、どれも惑星と銀河時間の統一を考慮しているものはない。
    時間の四次元的な性質を理解しなかったために、人類は暦を理解しなかった。暦は時間のテンプレートである。銀河時間と調和した暦の目的は、完全にシントロピー的な生命を組織化することにほかならない。
    銀河の生命すべては、重力のフラクタル比に基づいて同期される。銀河の暦は、重力の秩序に日々の人の生活をつなげるテンプレートである。
    三次元の時間の枠組みとしてのグレゴリオ暦が、論理の不一致により歪められている。グレゴリオ暦の歪められた枠組みから時間を理解しようとすることは、刑務所の壁の鉄格子の窓から見える世界がすべてであると囚人にかたるようなものである。
    実際には、グレゴリオコ暦の時間の枠組みは、物質主義と呼ばれる三次元の時間の歪みの創造で生じた。現代人は、この時間の歪みを生きることで、ますます克服できない問題の世界へと自らを強いる。彼ら自身の三次元の基準により、人々はエントロピー的な自己破壊の道筋にいる。
     
    重力に乗り、時間船地球のデザインに参加するには、人々は銀河スピンに同期させることによって自らの暦を正す必要があるだけである。これをすることによって、人々は時間のひずみを解除する機会をもつことになる。
    物質主義的な時間の歪から開放された人々は、銀河の眺望から問題に焦点を当てることができるようになる。ひとたび彼らが、銀河の暦の自己組織化の原理を応用することで、自らの問題を理解し、解決すれば、その時彼らは銀河時間の惑星芸術を実践できるようになるだろう。
    時間船地球は、自己発展的な惑星ホロンである。この四次元の惑星ホロンは、太陽―銀河の情報でコード化されたデザインと運動の場をもっている。
    重力にのり、より大きな銀河秩序に同期することで、地球の周波数は必然的に変化し、その極はシフトする。地球の現在の周波数は、7.8ヘルツである。1987816日から地球の共振周波数は、ますます不協和になりつつある。この不協和は、地球の四次元の惑星ホロンと人々の三次元の心の場の関係が、適合一致していないことによる。
    地球は自らのタイミングで、より高い周波数帯、8.0ヘルツに到達しようとしている。この周波数が8.0ヘルツに到達する時、地球はこの新しい周波数を安定化させるために極シフトを体験する。8.0ヘルツで、時間船地球は、銀河の基準に基づいていてはたらくように刷新されるだろう。
    周波数の増大と差し迫った極シフトを活用するために、人々は、まず最初に、タイムシフトを体験しなければならない。タイムシフトは、人々が自らの暦を、本来の13の月、52週間の周期へと戻すことで、修正する時のポイントをしるすだろう。銀河の暦と同期する、この太陰太陽地球暦は、変換テンプレートとして機能するだろう。
    1992726日から、2000726日まで続くこの新しい太陰太陽地球暦の8年間は、物質主義から銀河時間の惑星芸術へ変換するのに必要な時間をもたらす。極シフトは、この変換テンプレート暦が最高潮に達する時となるだろう。
    時間船地球は2000726日までに,四次元の銀河時間を通して13年のスピンに向かって出航するだろう。この人類のために保持している冒険は、三次元の制限された時間の理解の中では知覚不能である、この冒険は、「時は金なり」から「時は芸術なり」への変換の結果生じるものとなるだろう。
    金銭としての時間と、芸術としての時間の違いは、量としての時間と、質としての時間の違いである。ホロンは、時間に質を取り戻す鍵である。機械化された時間に対する機械と同じ関係を持つのが銀河時間に対するホロンである。
    あらゆる人は、三次元の身体と四次元のホロンを持って生まれる。物理的な身体は、生物化学的な伝導体である。ホロンは、時間輸送単位である。身体とそのホロンは、切り放すことができない。
    この生物化学的な伝導体は、感覚神経系、すなわち体験の全幅を処理する人間装置を支える。身体の体験は、四次元のホロンの中で同期される。ホロンとは、物理的な身体が時間を銀河的にコード化された形で体感する、体験そのものである。そのホロンを伴う、時間における身体は芸術である。
    現在、人々は、自らのホロンに気づいておらず、その結果、それらとつながる正確な方法を持っていない。キンの書:自由意志に基づく銀河の叙事詩は、人のホロンを、惑星、太陽、銀河のホロンと同期させるための260の命令セットである。(ツオルキン)
    キンの書、旅程版、お告げ盤および銀河の羅針盤は、デザイン・ツールである。これらのデザイン・ツールを1992726日のタイムシフトと同調して使うことで、銀河時間の惑星芸術は、進化するリアリティとして開花する。
     
    時間船地球、 2013への時はいまだ。
     

    スポンサーサイト

    • 2017.11.22 Wednesday
    • 18:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする